家族葬のメリットとマナー

subpage1

家族や近い親族のみで行う家族葬にはたくさんのメリットがあります。そのため、現在では一般葬でなく家族のみの葬儀を希望する家庭が増えてきています。



しかし、マナーを守らなければトラブルを招くことになりますので、メリットとマナーについて理解しておくことが大切です。
家族葬には故人と落ち着いてお別れすることができるという最大の魅力があります。
参列者の多い一般葬では常に気を配る必要がありますので、故人の家族はなかなか心休まる時間が持てません。
家族のみの葬儀であれば余計な気配りは不要となり、多くの時間や気持ちを故人と向き合うことに充てられるというわけです。

NAVERまとめ情報サイトをご利用下さい。

ですが、故人とのお別れを大切にしたいという気持ちは故人と親しかった人なら誰でも持っています。



あらかじめ家族葬を行いたい意向を説明したり、葬儀の後に家族のみで行いましたと報告しておかなければ、どうしてお別れをさせてもらえなかったのかというトラブルを招きかねません。

報告を怠らなければ理解を示してくれる方がほとんどですし、お別れを希望する方が居る場合は遺族が落ち着いた後で故人とのお別れ会を開いたり個別に仏壇に手を合わせてもらうといった方法を取ることができます。


家族葬は故人の家族にとってメリットも多く、故人と向き合うために良い葬儀方法だと言えます。その一方で周囲への人々に連絡することを忘れてしまえばせっかくのお別れが台無しになってしまいます。


より良い葬儀にするためにもマナーを知っておくことが必要です。