家族葬を選択する場合のポイントについて

subpage1

葬儀は、従来の方法であれば多くの参列者によって営まれますが、現在では、住環境や生活スタイルの変化とともに家族葬が広く利用されています。


大きな特徴としては、小さな家族が中心となって葬儀を執り行うことがあり、主な理由としては、身近な人たちだけで故人をお見送りしたいことや、静かに故人を偲びたいことなどがあります。
家族葬は、一般的には、故人や遺族の世帯主から見て3親等か4親等程度の範囲で執り行われることが多く、ここには、遠い親戚や近隣、会社関係者の参列はありません。プランに関しては、それぞれの葬儀社が独自のサービスを提供しており、通常、参列者数によってコースが設けられています。

今、話題の家族葬関しての情報探しを行うならネットが便利です。

また、身内だけで行う場合や、僧侶、神主、神父などの宗教者を招いての葬儀式として執り行う場合もあり、世帯主の裁量によって選ばれています。

家族葬を執り行う場合のポイントとしては、大きく、費用面と通知があります。


まず費用面に関しては、基本的には一般葬と大きな違いはなく、葬儀社への支払の他に、火葬費用、お布施、飲食費用、返礼費用が必要になります。

T-SITE情報の差に驚きました。

実際の費用に関しては40万円〜100万円程度が相場とはされていますが、参列者数によっても費用は異なり、ここでは、人数の把握が大切なポイントとなります。



家族葬において通知は大切なポイントとなります。
特に親族に関しては事前に連絡を入れ、了解を取っておく必要があり、後々、苦情などが出ないようにしっかりとした対応をしておくことが重要になります。
また、他、関係者に対しても家族葬で執り行う旨の説明をしておくことが必要となります。