拡がりを見せるお葬式のスタイル 家族葬

subpage1

家族葬とは、従来の数十人、それ以上の弔問客が訪れるようなものではなく、残された遺族とごく親しい間柄であった友人関係のみで執り行われる小規模の葬儀の事を指します。
仕事上の関係性のみの方がやってきたりするとどうしても儀礼的、社交辞令的な雰囲気が出てしまいますし、愛すべき家族を亡くした遺族が様々な雑務に従事しなくてはならないなど、実はよく考えると本当に故人を偲ぶような様式では必ずしもなくなってきていたのが現代のお葬式であったのです。

また非常に高額な費用がかかること、核家族化の傾向の増加など社会背景の変化なども絡んできて、より故人と遺族の事を考えたお葬式として家族葬が現れたとも捉えることができるのです。



実際に家族葬を行うには遺族のみというよりも、やはりそのようなお葬式サービスを手掛ける業者に依頼することが一般的となります。

日本経済新聞ついて詳しく説明しているサイトです。

通夜や告別式をどこで行うのかといったことを決めたり手配するだけでも大変ですし、葬儀の通知を伝えるタイミングなどもやはりきめ細やかな配慮が必要になってくるからです。



また仏式の葬儀にするのか、それとも他の宗教、もしくは無宗教なのかということをしっかり理解して手配するにはやはりプロでなければ難しいと言えます。
家族葬の場合の費用ですが、プランによって様々であり、しかし一般葬よりも規模が小さな分安く済むことがほとんどで、数十万円程度が相場となっています。

ただし香典が少なくなる傾向がありますし、葬儀会社の会員かそうでないか、といったことでも金額は変わっていきます。

費用が安いから選ばれる、というよりもやはり落ち着いて最期の時間をいっしょに過ごしたい、そんな気持ちが家族葬が行われる大きな理由であると言えるでしょう。