現代にあった葬儀として注目されている家族葬

subpage1

葬儀にはいくつかの種類があります。



基本的には葬儀に参列する人数や規模で種類がわかれます。そのなかでも現代に合った葬儀スタイルとして注目されているものに家族葬があります。

家族葬は家族や親戚といったごく親しい人のみが参加する葬儀です。身内以外に故人と親しかった友人、故人と交流のある人が参加することもあります。
少人数で行う葬儀だからこそ感じられるメリットがいくつかあり、実際にそのメリットが家族のみで行う葬儀の需要の高まりに繋がっています。家族葬の最大のメリットは遺族が落ち着いて故人とお別れすることができるという点です。


会社の経営者などが亡くなったときに行う社葬や近所の方や遠い親戚まで招く一般葬では、遺族は常に気を張っていなければなりません。
参列してくださった方への挨拶、気配りなどが必要となり、ゆっくり故人に思いを馳せる時間がなくなってしまいます。

nanapiについて詳しく書かれています。

一方、家族や親しい間柄のみが参加するのであれば、それほど気を遣う必要もなく、落ち着いて故人とお別れする時間を持つことができます。
他にも家族葬には小規模であるため費用が抑えられるといったメリットや葬儀の準備に手間がかからないというメリットもあります。身内以外の参加者が少なければ周囲を意識して豪華な葬儀にする必要はありませんし、関係者への事前連絡や受付の準備、香典返しの手間が省けます。

忙しい現代の人々にぴったりな家族葬を行うことで、より納得のいく形で故人をお見送りすることができます。