ペットと一緒の暮らしというのも素晴らしいものです

  • 水漏れが発生した際に

    • 賃貸物件に居住している際に階上の部屋から何らかの原因によって水漏れが発生した際にはもちろんのこと、床に大量の水をこぼしてしまったり、浴室の浴槽の水を出しっぱなしにしてしまい水が溢れる、洗濯機の排水ホースが外れてしまい、水がフロアに溢れてしまうといったことを起こしてしまい、階下への水漏れの可能性がある際には、当事者同士で話し合いをするのではなく、必ず第三者である管理会社へ電話を入れたり、管理人を呼んで対応してもらうのが肝心です。
      被害にあった際には、住人に確かめて水漏れの原因が特定できる際には一刻も早く止まるようにお願いしに行く、また水漏れを起こしてしまった際には、階下の部屋からの問いかけを無視することなくしっかりと状況や与えてしまった被害を把握すると共に、水漏れに対する料金的な負担の面などでもめることがないように、管理会社立会いの下で事後の対策をすることが重要なのです。

      水漏れが発生した際には家具家電などに被害が出ているのか、また室内の壁紙に対するダメージはあるのかといったところがポイントとなりますが、被害を与えた方が一方的に悪いといった判断が下され、被害金額や設備の交換に関して費用の保証されるケースが大半であるため、なあなあで済まさないことも肝心です。

      これは特に壁紙をはじめとした室内備え付けの設備に関して、水漏れが原因で汚れや故障が発生したにもかかわらず、なあなあですませたがために退去時に交換費用を請求されるといった理不尽なことにもなりかねないためです。


      逆に被害を与えてしまった際には誠意を持って対応にあたる必要があります。

      少し前に、水道局が検診時に来た時、水道料金が多くなってきたので水漏れの可能性があると指摘されました。

      元栓を止めてもメーターが少し動いているのを見て、どこかで水漏れしているので、一度調べる必要があるとのことでした。
      浴室や洗面所、台所などを調べたのら、浴室と台所の蛇口取り付け部分から水が少し漏れていました。こういう場合は、一度原因調査をきちんとして、道路側が水漏れの原因であれば、修理代が水道局の負担となるが、家屋敷地内であれば、自己負担だと説明されました。

      原因調査は、水道局指定の業者によって行います。
      それで原因が判明してから実際の水漏れ修理を行います。
      まず、水道局指定の業者が調査に来ました。

      調査方法は、管を耳に当てることにより水漏れ音の場所を特定するものです。


      可能性のある部位に3箇所小さな穴を開けたところ、大まかな場所の特定はできました。この結果を元に、近くの水道業者に連絡して修理に来てもらいました。

      修理の手順は、穴の空いている場所中心にコンクリートを剥がし、剥がしたところから中を見て水道管を確認します。


      水道管には小さな傷があり、そこから水が漏れていましたので、この状況を写真に撮り水道管を取り替えてもらいました。


      元栓を開けてから水道のメーターを見ると、もう動いてはいません。


      ついでに、浴室及び台所もみてもらいましたが、小修理で直りました。

      こうした場合には、水道局で計算をして水漏れによる水道料金の軽減措置があります。

















  • 関連リンク